So-net無料ブログ作成
検索選択

再び川根路へ…~大井川鐵道(元京阪)3000系さよならツアー参加記③~ [撮影記]

気が付いたらまた放置してました()
前回の記事の続き。

DSC06318-blog.jpg
大井川の京阪特急のツアーはいよいよ後半に突入。
千頭駅での撮影会後側線から4番線に入線し、副標を幻のさよなら副標に替えてしばらくして出発。復路は千頭から新金谷までノンストップ!もちろん途中駅での列車交換での運転停車はありません。

「この京阪特急の色は川根路の茶畑の風景にとてもよく溶け込んでいて、実に美しい電車であったと思います」
復路の車中でのアナウンスでの担当者の言葉からは、この電車がどれだけ大井川でも愛され、大事にされてきたのかが伝わってきました…


DSC06351-blog.jpg
新金谷到着後の撮影会。ここではかつての関西の鉄路の名優の三並びが実現^^
元近鉄16000系・元南海21000系に囲まれる形で3000系はその中央に展示され、副標は受付時の投票で人気の高かった最終回送と幻の京阪のさよなら副標の2種類を掲出。
生憎の天気に加えレンズも曇って一時どうなるかと思いましたが、この時にはレンズの曇りは無くなり、天気も少しマシに…(汗

DSC06362-blog.jpg
最終回送副標での3並び。

DSC06370-blog.jpg
副標無しでの並び。
大鐵ならではのこの夢の競演も見納め…

DSC06379-blog.jpg
最終回送と幻のさよなら副標のW掲出。

DSC06400-blog.jpg
金谷側の3並び。
こちらは車体長の関係で先頭の位置がずれていましたが、このために真ん中に3000系をもってきたのもまた粋な計らいです^^

DSC06419-blog.jpg
最後にはおまけでこんなサプライズも!
最後まで本当に楽しませてもらいました( ̄∀ ̄)

世間はバレンタインデーだった先週金曜、大井川鐵道で余生を送っていたもと京阪3000系3507-3008編成は、17時08分終点・新金谷着の定期列車の運用を以って無事に営業運転を終了し、最終運用後の車内にはファンからの多くのメッセージカードや花束が残されていたとか。
ファンに対する感謝のメッセージも公式HPに掲載され、車両はもちろん、車両を愛するファンの事も大切に思ってくれる鉄道会社さんで多くのファンに見送られ、更にメッセージカードまで寄せられてこんなに素敵な最後の花道を飾った3507-3008編成は本当に幸せ者だと思います…感慨深いものです。
こんなに素敵な最後を迎えた車両は初めて見た気がしました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。